このブログは
下記に移転しました。

今後ともよろしくお願いします。

http://skyhours.sakura.ne.jp

2008年05月20日

第3回経済塾まとめ

第3回経済塾まとめ
テーマ:『株式システムの基本』

■株式とは
株式会社における出資者(株主)の持ち分。権利のシェア分。
・株式は人類最大の発明の一つともいえる。

cf.システムはできた当時のニーズ・欲望をかなえる形で発展してきた
→発足の背景(=前提)を知るべし
※過去をたどっていくのは自分の失敗の原因を突き止めるのにも使える

■株式会社の成り立ち:東インド会社
東インド会社設立のときのように、夢しかない若者でも次々に誰かを紹介しつづけてもらえば出資者に会えたように、会いたい人には4〜5人介せば相手が一般人だったら会えるもの。
お金持ちは夢があって面白そうなものは好きだが、失敗等リスク計算ができてないものは退屈だと感じる

■株価の売買とは
株主の権利を売り買いすること。株主の権利の価格のことを株価という。
・株価は需要と供給のバランスで上下する。
 ex.みんなが株主になりたいと思うなら株価は上がる
 cf.投資:売値・タイミングを決めて売買する→何をしているのか理解している
 cf.投機:チャンスがくるのに賭けて売買する
・将来(半年先)の業績情報の影響によって決まる

■株主の権利とは
・利益配当請求権:会社の利益の分配をうける
・経営権:経営決定権限は保有株式数に比例する
・残余財産請求権:会社が解散したあと純資産の分配をうける
・(おまけとして)株主優待:会社が株主のためにするサービス

■株主総会とは
・出資者(株主)から集めたお金でプロジェクトをどう遂行したのかを報告する会。
・企業の意志決定の最高機関。
・株主は保有株式数に応じて議決権をもつ。
 cf.「もっと(株主の)言うことを聞きやすくしたいの」「もっと優秀なオペレーター(=実際に会社を動かす人)に変えたいわ」「どういうお金の使い方をしたのか報告しなさい」などの株主の欲をかなえるために保有株式を増やす

※TOB(公開買付)するのはなぜ?
→一定以上の議決を手に入れて経営に参入するため
・自分の見方になる株主も含めて、過半数の議決をとれば(委任状をもらう)、役員を自分たちに有利な人に入れ替えることも可能

※2006年に新会社法ができて、普通決議で取締役解任ができるようになった
→株主を優遇しないと取締役のクビもあぶない
→従業員の給料up=コストupなので、従業員を好待遇にすると株主の利益が減る
→給料据え置きにしてでも株主への還元を増やそう!となる。

■株を買う(投資)するなら
・ビジネスプラン・業績をよく研究すべし
cf.第2回講座のお金の派遣先を決める
cf.日経で税以外の法改正が載ったらほぼ決まりなので、参考にすべし
・50歳までに1000万資金貯めて、そこから投資したって間に合う
・「この会社はどうやって儲けているんだろう」と思って世の中をみてみるのも大切
posted by そら at 22:56
Comment(0) | TrackBack(0) | 学び

第2回経済塾まとめ

経済塾も明日4回目の講義なので、だいぶ前のメモになってしまいましたが…。

第2回経済塾まとめ
テーマ:「キャリアプラン&マネーマネジメント」

■マネーマネジメントでは
・経営者の視線が大事→自社の経営資源(リソース)をどう配分していくか
・少ない資源(ヒト・モノ・カネ・情報)でMAXの利益を求める=効率性

■マーケティングとは
自社のリソースを櫛して、ターゲットが付加価値を感じるような商品・サービスを創り出し、提供し、利益を上げていく一連のプロセス。

■付加価値とは
「あったらいいな」「うれしいな」「不満・不安が解消される」などneedsをwantsに変えたもの。

■稼ぐとは
・相手にお金を払ってもらうということ。相手のneeds/wantsをビジネスのルールの中で満たしてこそ、お金を払ってもらえる。付加価値があるものの提供。
・給料をもらってる=自分にお金を払ってもらってる
→ちゃんと相手(会社)のニーズを満たしてますか?
・アタマを使って仕事をしよう
ex.指人形部下を持つ:(経営者のように)他人の人生を背負ってみる感覚をつかむ。生き方に対する覚悟が変わるのでオススメ

※前頭葉を使って生きられるのはヒトだけ。内面も外面もホモサピエンスに!
cf.ヒトだけができること:前頭葉をつかう。笑顔
■資本運用は
ビジョン(目標)達成のため
・余裕資金の運用
・資本の蓄積
・設備投資(リストラ、M&A、撤退等々も含む)

<会社の場合>
■資本の蓄積とは
・マイナスなことがおきたときの体力として
・プラスなこと(資本増強等)がおきたときの財源として

■設備投資とは
・ビジョンを達成するための手段…選択と集中
・会社の設備投資状況をみれば、何を目指しているのかがわかる
・日経で情報収集すべし(1つ大きな動きがあれば1週間以内に同業他社の情報がでる)

■資金運用とは
お金を派遣すると考えるとわかりやすい。
→お金にとってどの派遣先がハッピーなのか分析・研究する

<個人の場合>
■設備投資=消費
例)見た目に投資した(=なりたい自分になるための投資)
→満足!(=利益を生んだ)=有効な投資
→こんなハズじゃなかった!(=倒産)

■有効な投資をするためには
自分のビジョン(=価値観、自分軸)が確立していることが必須
→どうすればよい?=いろんなヒトに聞いて参考にしてみる

■経営改善(含む個人の人生)は:正確な状況把握から
・欲望行動をチェック
・譲れないものは何か
・惰性でやってるものはあるか
・身の丈にあっているか

■資本蓄積=貯蓄
・ある程度ないと信用に関わる
・手取りの20%を目標に(一人暮らしなら15%くらい)
・手取りの6か月分は最低確保。のこりはゆとり資金に回してもok

■ビジョン達成のポイント
・いきなり節制しても反動がくるので、少しずつ行動を変えていく
・成功体験をつんでいく→自信がつく、オーラが変わる
・できなかったことができるようになるのが大事
・たくさんの自信(小さくてもok)を作る
・目標(細かくステップアップしていけるような)をクリアしたら褒める
posted by そら at 18:00
Comment(0) | TrackBack(0) | 学び

with Ajax Amazon